CCC101km#2 LaFouly 41km

9時にスタートして7時間。2400mのフィレ峠に登る。雨が降り出した。薄いレインジャケットの上着を着る。気温は10°前後か。夕方5時でもスイスはまだ明るい。

ここまでは順調だった。曇り時々晴、暑からず寒からずの天候は絶好。スイスアルプスは山が大きく、最初の山は2600m。3時間以上登りが続く日本には無いようなコースだ。前のランナーに着いて淡々と登る。絶景を楽しむ余裕は無いが体調は問題無い。

九十九折りの登りが続く。雨は徐々に本降りとなり気温が下がる。手がかじかむので防水手袋に替える。下りで気温が上がるを期待してとにかく峠を目指す。

しかし峠を越えるなり冷たい強風に包まれ、急速に体温が奪われる。体感としては0°近い。寒くて体の震えが止まらない。さらに雨足強まり、低体温症気味なのか走れなくなる。次々とランナーに抜かれ、ここで今回のレースは終わってしまった。41kmDNF。

悔やまれるのはレインパンツも防寒ウェアも持っていたのに、低体温に陥ったこと。しかし冷雨に震える最中に着替える余裕は無かった。高山の雨に対する想定不足。アルプスの山を甘く見ていたと言うしかない。







シェアする