Camino #2 Ventas de Naron→Castaneda 34.7km

2日目にして行動パタンが見えてきた。
朝8時半 日の出を待ってスタート。10時位までは朝靄で寒くレインジャケットが必須

この日は朝靄がなかなか消えなかった。

20kmまでは登り以外は走って、キロ10分を意識。サリアからサンティアゴまでは基本下り基調なので全体的には走りやすい。

田舎の集落にも教会は必ずある。教会ではスタンプをゲット。
caminoは韓国人に人気。なので教会の案内には韓国語も。

午前中はアームウォーマーが手放せない。

この日は日本人ツアーに遭遇。ツアーバスが同行していて、疲れたらバスに避難する仕組みらしい。そろそろランチタイム。昼夜コースメニューだと重いので、Leboreiro付近で適当なカフェを探す。昼はスパニッシュオムレツとアクアで軽く。

午後は日差しが強いので半袖でOK。30km走ったら15時前後に適当なアルベルゲを見つけてチェックイン。昨日の経験からは、大きな街のベッド数の多いアルベルゲよりも、郊外の小規模なアルベルゲの方が国際交流の機会が増えそう。なのでメリデ(Melide)の街は通過し、CastañedaのSantiagoHostelに決定。€10。シャワー浴びて洗濯。

ビール飲みながら、まだ先を目指す巡礼者を応援。ここは至福の時。

夜はコースメニューを堪能。€10。機会があれば国際親善。

これは幸せ以外の何であろう。