2109 越美北線 / 荒島岳 乗り鉄+百名山

越美北線 福井6:03 7:08越前大野 に乗車。
タクシーで「道の駅荒島の郷」へ。中出登山口~荒島岳~勝原駅を6時間で完登。
勝原14:08 14:22九頭竜湖14:34 15:06越前大野 越美北線完乗。

自称トレイルランナーとしては、乗り鉄+百名山も検討してみた。この組み合わせは難しい。どちらも時間がかかるので計画がたてにくく、実践例も少ない。趣味としては対極にあるような気もする。

百名山とローカル線を探して、越美北線+荒島岳を候補に。しかし越美北線は越前大野以降が1日4往復と本数が少ない。検討した実現可能計画がこの行程。タクシー移動約¥2200は、平日なら越前大野8:15の市民バスも利用できる。また勝原口からの往復も可能だが、いずれにせよ5~6時間で完登の易しくはない条件。越前大野には銭湯も数件ある。

幻想的な朝靄の中を走る一両の車両。道の駅荒島の郷からスタート。14時台の勝原駅には撮り鉄、多くの乗り鉄とともに九頭竜湖で折り返す。

荒島岳 中出口~荒島岳~勝原口 15km

中出登山口は深田久弥が歩いたゆかりのコース。ブナ林の中1000m以下の登りで滝汗。「もちがかべ」の急坂は登りも下りもきつい。脱水気味で水分補給が追いつかず、ペットボトル2本を飲み干す。水分消費が少ない私としては珍しい。何人か登山客をパスして山頂には約20名。登りコースタイム4時間に対して3時間10分。

帰路は勝原コースを下る。階段と滑る木の根に難渋してペースが上がらない。リフト終点からのガレ路はメインコースとは思えない藪漕ぎ。なんとか13:30に登山口にたどり着いたら勝原駅までまだ2kmあった。勝原駅到着13:55。下りコースタイム3時間に対して2時間30分。

9/6(月) 青春18きっぷ 18時間 乗換15回
福井5:21 6:13敦賀6:16 8:13東舞鶴8:56 9:38福知山10:09 11:10篠山口11:19 12:29尼崎12:32 13:06四條畷13:37 14:23木津14:28 14:34加茂14:42 16:05亀山16:2317:34名古屋17:46 18:39豊橋18:48 19:23浜松19:33 20:34静岡20:36 21:50熱海22:09 23:07大船23:10 23:16鎌倉

寿司政で一本義酒造「伝心」を勧められる。美味しいので翌日「まるさん屋」でも注文。

9/6の未完乗路線ではコンビニ飯が続く。JR西日本はセブンと提携しているのに救われる。四条畷駅で昼食予定が飲食店無くコンビニ。亀山駅ではビールが買えず名古屋駅のコンビニでビール。浜松~静岡はホームライナー¥330。







シェアする