お遍路うどんラン#1 19年3月

四国お遍路ランにも興味があったが去年のスペイン巡礼ランほどモチベーションが上がらない。そこで讃岐うどんも加えて「お遍路うどんラン」を企画してみた。そうなると香川県スタートのお遍路になる。いわゆる逆打ちである。
お遍路うどんラン#1-1日目 31.8km
88番大窪寺→長尾寺→志度寺→85番八栗寺→琴電八栗駅

大窪寺から長尾寺までは複数ルートがあるらしいが迷わず女体山越ルートを選択。トレイルランナーの自覚である。しかし下りに入って山道から外れ車道に出てしまった。お遍路みちは分かりにくい。

前山お遍路交流サロンを経て長尾寺へ。快晴となり暑い。さぬきうどん溜に寄って志度寺まで20km。ここから6.5km先、五嶮山中腹の八栗寺を目指すがなかなの登り。標高230mと思えない急坂だった。山田家本店で本日は終了。

お遍路うどんラン#1-2日目 50.7km
琴電八栗駅→84番屋島寺→一宮寺→根香寺→81番白峯寺→JR八十場駅

香川県は比較的平坦と思っていたら、屋島寺へは足柄峠にもない20度を超える急勾配ロードと本格トレイル。

一宮寺までは高松市内を抜ける15kmの市街地。しかしその先の五色台に難所が待っていた。

急勾配ロードを登り根香寺から山中を白峯寺へ。案内が無く遍路みちが分かりにくい。夕刻になり山道を国分寺まで続けにくく下山。そこでiPhoneのバッテリーが切れ方向を見失う。JRの最寄り駅を間違い予定外のロング走になりました。
うどんの補給に助けられた一日
お遍路うどんラン#1-3日目 21.6km
JR国分駅→80番国分寺→天皇寺→78番郷照寺→JR宇多津駅
お遍路ランとスペイン巡礼ランの比較
まず歩き遍路さんが少ない。逆打ちなので順打ちの歩き遍路さんに遭遇するはずなのに対面したのは連日十数名。3月のオフシーズンとは言え少なすぎる。調べてみたらスペイン巡礼者年間20万人に対して歩き遍路年間2千人。お遍路は車や観光バスが一般的なのだ。スペインは巡礼が目的でお遍路は巡拝が目的なのもその一因であろう。

遍路みちは分かりにくい。案内表示が少ない。車用と歩き用の表示が異なり、車用に頼ると思わぬ遠回りをしてしまう。特に逆打ちの案内は少なく混乱する。結果何回も迷いランが中断。スペイン巡礼では曲がり角に必ず案内表示があった。

さらに遍路みちは険しい。遍路ころがしと呼ばれる山岳礼所への厳しい登山道が各所にある。

スペイン巡礼ではアルベルゲでの交流が楽しかった。お遍路でもそれを期待してドミトリー風のゲストハウスに3泊したのだが、かなり空いていた。終電を逃した若者の利用が多いらしく、少なくともお遍路さんは皆無。
ガリシアグルメvs讃岐うどん。甲乙つけがたし。

比較するとスペイン巡礼の方が評価が高いのだが、今回お遍路の魅力を参拝で感じてしまった。
般若心経を唱えていると心が穏やかになる。スピリチュアルで不思議な感覚。これはスペイン巡礼には無い。3日間で11寺に参拝し、うどん11食。







シェアする