お遍路ラン #7 20年7月

お遍路ラン#7-0

今年予定していた海外ランツアーは全てキャンセル。なのでお遍路ランを再開。コロナ感染者増加でためらわなくもないが、土佐清水市は1泊5千円補助の宿泊キャンペーンを実施している。これは歓迎の証だろう。
いつも満員のエアポートバスもジェットスターも空席が目立ち新鮮。おそらくコロナで無くても閑散とした高知市内を経由して、今回のスタート宿毛市まで10時間。移動が遠い。

お遍路ラン#7-1日目 58km

平田駅〜38番金剛福寺〜民宿青岬
炎天下の修行の土佐。6時前にスタートしたのに走れたのは20kmまで。25kmからはほぼ歩き。暑くて走れない。残り20km以上歩くのは心が折れそうになるが、ロングトレイルレース残り20kmを思い出して乗り切った。
歩くだけなら行けそうなので、予定を変更して足摺岬の金剛福寺往復10kmを追加。お遍路ラン最長距離になりました。走ってないけど。

お遍路ラン#7-2日目 46km

民宿青岬〜土佐入野駅
今日は最初から登りは歩くことにしたのに走れたのは20kmまで。炎天下は続く。昨日は海風で救われたが、内陸部の無風炎天下は危険だ。
ハードなランの中で民宿青岬のお弁当接待に癒される。

お遍路ラン#7-3日目 39km

土佐入野駅〜37番岩本寺〜窪川駅
夏のお遍路ランの経験則
・走れるのは早朝スタートで9時まで。
・歩きで汗が流れなければ(曇りや日陰や風)結構快適。距離が稼げる。
・歩きで汗が流れると危険。日陰で水分補給。
今日も経験則通りの展開。9時まで17km走り、計画的に給水を続けながら13時半に今回の目標岩本寺に到着。修行だ。

お遍路ラン#7 グルメ

お遍路ラン#7 番外編

今回のお遍路ラン。土佐清水市宿泊キャンペーンで歓迎されましたが「高知観光リカバリーキャンペーン」とかご存知「GoToトラベルキャンペーン」とか特典が目白押し。
そして膨大な申請書類。何かがおかしい。







シェアする